iPadクラウド受付システムRECEPTIONIST

英語対応可能!グローバル企業でも安心の受付システムをご紹介

こんにちは、RECEPTIONISTブログ編集部です!

 

「英語に対応している受付システムを使いたい」

「海外の方が来社しても困らない無人受付システムを探している」

「海外拠点でも使えるシステムが知りたい」

 

など、英語対応できる受付システムをお探しでしょうか?

 

外国人の従業員が多数在籍する企業や、海外に拠点を持つ企業では、受付システムも英語対応している必要がありますよね。

 

今回は、英語対応ができる受付システム「RECEPTIONIST」をご紹介します!

 

英語対応が可能な受付システムをお探しであれば、ぜひ今後のご参考にご覧ください!

 

英語版の受付システムとは?

まずはじめに、英語verの受付システムがどのようなものか紹介します!

 

 

RECEPTIONISTのiPadの受付画面は、デフォルトが日本語表示です。

 

上部の「English」をタップすると英語表示に切り替わり、「日本語」をタップすると日本語表示に切り替わります。

 

そのため、受付に来られた方が、どちらかのお好きな言語で受付を進めることが可能です。

 

また、デフォルト表示を英語にすることもできます。

 

 

それだけでなく、来客通知のメッセージやメールを英語表示にすることも可能なため、社内で主に英語を使用される場合は、受付通知の英語設定もおすすめです!

 

英語対応可能な受付システムの導入メリット

(1)外国人従業員も利用しやすい

 

英語対応できるシステムであれば、外国人の従業員も使用しやすく、来社される海外の方にも喜ばれます。

 

人材もグローバル化が進んできているため、今後外国人の採用を考えている企業様であれば、それを見越したシステム検討を行ってみてはいかがでしょうか。

 

(2)海外拠点でも同時に導入が可能

 

英語対応しているツールであれば、海外に拠点を持つ企業でも複数拠点で同時に導入が可能です。

 

また、拠点ごとにバラバラのサービスを導入すると、金銭的にも管理的にも多大なコストがかかります。

 

はじめから英語にも対応しているシステムを導入することでコストを抑えながら、複数拠点に同時導入することができます。

 

(3)外国人の採用にもつながる

 

受付システムに限らず、英語対応しているツールを社内の標準ツールとして使用していることを公言している企業は、日本語が得意でない志願者も応募しやすいですよね。

 

また、そうした環境を作ることで、外国人従業員が働きやすい企業だというアピールにもつながり、採用への良い効果が期待できます!

 

まとめ

 

今回は、英語対応ができる受付システム「RECEPTIONIST」をご紹介しました。

 

もし英語対応に関して気になることやご質問があれば、ぜひ一度ご相談ください!

 

詳しくは、資料を
お受け取りください。

導入検討中の方、情報収集中の方に役立つ情報がある資料になります。
今後、受付システムを少しでも検討しているのであれば是非お受け取りください。

資料請求

RECEPTIONISTシリーズについて

RECEPTIONISTシリーズは、
働く環境をDXすることで
コア業務に集中できる
環境を作るクラウドサービス群です。