RECEPTIONIST

必要だと思っていた内線の取次業務が「不要な手間」だと気付き、そして「業務」ではなくなった

この記事の要約
  • 内線電話をなくす勇気がなく、新しいものに抵抗があった
  • 来客対応が中心業務だったのに「業務」ではなくなった
  • 必要だと思っていたこと=「不要な手間」と気付けた

 
こちらの導入事例は、WEB非公開事例集<28社分>に掲載しております。
 
WEB非公開事例集をダウンロード

企業名株式会社デジタルフォルン
業種デジタル領域の技術支援事業
従業員数単体294名、グループ連結332名、海外関連事業3399名(2019年7月末現在)

詳しくは、資料を
お受け取りください。

導入検討中の方、情報収集中の方に役立つ情報がある資料になります。
今後、受付システムを少しでも検討しているのであれば是非お受け取りください。

資料請求

RECEPTIONISTシリーズについて

RECEPTIONISTシリーズは、
働く環境をDXすることで
コア業務に集中できる
環境を作るクラウドサービス群です。