打ち合わせ日程調整の

“下記日時で1時間ほど
お時間いただけますか?”を自動化へ

Googleカレンダーと連携して日程調整をもっと楽に

※クラウド受付システムRECEPTIONIST内の機能になります。

調整アポとは?

打ち合わせの日程調整を行う際にメール等で行う日時のやりとりを自動化するツールです。

日程調整の仮押さえ

日時と会議室の仮押さえ・削除が自動で行われます

空いている日時・会議室を選択すると、自動で仮押さえされます。その後、お客様が選んだ日時以外は自動で削除されるため作業はたったの1分です。

お客様は選ぶだけ

お客様は、届いたURLから
空いてる日時を選ぶだけ

お客様宛にメールを自動送信するかURLを直接送ります。届いたURLから空いている日時を選択すれば日程調整が完了となります。

日程調整から受付完了までストレスフリー

お客様はストレスフリーで打ち合わせを始められます

来客時に、受付にあるRECEPTIONISTに届いた6桁の番号を打ち込むだけで受付完了となります。そのまま打ち合わせを進めてください。

面倒なやり取りは
調整アポが全て自動化

日程調整から打ち合わせまでの工数が83%削除。
わずか1分で完結します。

before

after

実際に使うとこうなります

1. 都合の良い日時をクリック

自分のカレンダーとにらめっこしながら、空いてる日時を1つ1つテキストにしてメールする必要はありません。自分と同席する担当者の予定をカレンダー上に表示し、空いてる時間帯から「候補日時」をマウスでドラッグしながら選択すると、自動でカレンダーの予定・会議室の仮押さえができます。

2. お客様は日程を選ぶだけ

お客様は届いたメールのURLを開き、候補日時の中から都合の良いものを選択するだけ。お客様が日時を決定すると予定が確定し、それ以外の仮予定は自動でキャンセルされ、会議室も自動で開放されます。会議室の空予約を未然に防ぎます。

3. お客様に受付コードが届く

アポイントメントが確定し「受付コード」がお客様宛てに送られます。お客様は、来訪の際に「受付コード」を入力するだけで受付完了となります。名前も会社名も入力する必要はありません。

調整アポ|受付コードが届く

4. 仮押さえされた
日時と会議室は自動で削除

自分と、同席する担当者の予定をカレンダー上に表示し、空いてる時間帯から「候補日時」をマウスでドラッグしながら選択していきます。 会議室も同時に仮押さえ。もう自分のカレンダーとにらめっこしながら、空いてる日時を1つ1つテキストにしてメールする必要はありません。

あらゆる来客シーンで利用可能です

通常の来客シーンの日程調整

通常の来客

打ち合わせ日程の調整時にメールで送る「下記日程でご都合いかがですか?」から卒業して、ストレスのない日程調整を行いましょう。

面接シーンの日程調整

面接

人事は候補者との面接日程調整を何度もしなければなりません。その時間、無くせます。

役員宛の来客シーンの日程調整

役員宛

忙しい役員の日程調整もカンタンに。秘書の方を日程調整作業から開放します。

詳細な使い方・仕様については、
クラウド受付システムRECEPTIONISTのヘルプセンターをご確認ください。

調整アポの使用方法はコチラから

ご利用いただくには
RECEPTIONISTが必要です。

※ビジネスチャットを利用していないお客様向けに、SMS、メールでの通知機能もあります。まずはお気軽にお問い合わせください。

RECEPTIONISTを無料で試してみる!